種類別クリーニング

マフラーのクリーニング相場はいくら?最安値や注意点を詳しく解説

 

初心者くん
今シーズン通勤の際に毎日巻いてたマフラーを洗濯したいんだけど、クリーニング料金の相場っていくらぐらいするのかな?
お任せください!マフラーのクリーニング料金の相場や注意点について詳しく説明しますね!
さよ

この記事では、マフラーのクリーニングについて気になる「相場(料金、最安値)や注意点、オプション加工」について詳しく説明します!

確認事項

当記事は、2022年現在の最新情報をもとに掲載していますが、お店や時期によって料金など異なる場合があります。

 

マフラーのクリーニング相場は?

マフラーのクリーニング料金相場

およそ400円~700円

 

『店舗型クリーニング』『宅配クリーニング』の平均金額を比較しています。

マフラーのクリーニング料金相場

店舗型クリーニング 578円
宅配クリーニング 616円
  • 店舗型クリーニングの料金は地域や店舗ごとに異なります。(上記金額は関東クリーニング店4社平均)
  • 宅配クリーニングは、単品料金制の金額を掲載しています。
  • 宅配クリーニングの料金については、割引価格での料金を掲載しています。
  • 税込金額での掲載です。

 

マフラーのクリーニング料金店舗別に比較してみた

マフラーのクリーニング料金を「店舗型クリーニング」と「宅配クリーニング」それぞれ調査してみました。

店舗型クリーニングの料金
ホワイト急便 389円
ポニークリーニング 550円
白洋舎 660円
スワロチェーン 715円

 

宅配クリーニング(単品制)の料金
ネクシー 594円
リネット 616円
ネクシー 638円

 

宅配クリーニング(パックプラン制)10点パックの場合
美服パック 544円
フランス屋 630円
東京クリーニング 726円
せんたく便 768円
プロケア 1,054円
リコーベ 1,180円
リナビス 1,287円

 

マフラークリーニング料金の最安値はここだ!

マフラーのクリーニング料金の最安値を「店舗型クリーニング」と「宅配クリーニング」のそれぞれを比較しました。

店舗型クリーニング 「ホワイト急便」389円
宅配クリーニング(単品制) 「ネクシー」594円
宅配クリーニング(パック制) 「美服パック」544円

 

 

マフラーをクリーニングするなら「リネット」がおすすめ!

宅配クリーニングのメリットは『自宅にいながらクリーニングができる』ことです。

その中でも一番おすすめなのが、リネットです。

マフラーの料金 616円
デリケート素材・装飾品の追加料金 クリーニング代+それぞれ220円
送料 無料
初回割引 20%OFF
さよ
リネットのおすすめオプションを2つ紹介するよ!

銀イオン抗菌防臭仕上げ

  • 植物由来の消臭剤を使用し、体から発する汗の臭いと、外から付着するタバコの煙などの臭いを両面からダブルガード。
  • 抗菌防臭効果のある銀イオンを高濃度に配合し、臭いの原因菌を抑制。
  • 汗臭・ペット臭・脂肪酸臭など、ほとんどの悪臭に対する「消臭」効果を発揮する。
  • 嫌な臭いを発生させる細菌の増殖を抑える「抗菌」効果、タバコ臭・焼肉臭などを衣類に付着しにくくする「防臭」効果を発揮する。

料金:440円/納期:5日後〜

贅沢仕上げコース

  • 特別な加工剤を生地にコーティングすることで、花粉やほこり、静電気をブロックし、素材本来のツヤやハリ、しなやかさを再現させる。
  • クリーニング後は、湿気がこもらない「そのまましまえる不織布カバー」に入れて、オリジナルの防虫剤と一緒に届けてくれるため、そのまま保管O.K.!

料金:770円/納期:5日後〜

さよ
リネットを利用するなら『プレミアム会員』がおすすめです!プレミアム会員になっても月末までに解約すれば実質無料でできるのでお得ですよ!

\翌日衣類が届く!忙しい方におすすめ/

「リネット公式サイト」はこちら

【今だけ!】初回20%OFF+1年間送料無料クーポンでの利用が可能♪

 

マフラーをクリーニングに出す際に気をつけたいポイント

マフラーをクリーニングに出す際、気をつけたいポイントを紹介します。

①マフラーをクリーニングに出す頻度

マフラーのクリーニング頻度は、シーズンが終わり保管する前に1回クリーニングに出しましょう。

マフラーは繊細な素材でできているため、何回もクリーニングに出すと生地に負担がかかり、傷んでダメになってしまう恐れがあります。

シーズンが終わったタイミングや衣替えの時期には、汚れが蓄積しているので、ワンシーズンでクリーニングに出すように覚えておきましょう。

しかし、マフラーの汚れやニオイ、黄ばみが気になる場合は、頻度関係なくその都度クリーニングに出すをおすすめします。

さよ
保管する前にクリーニングに出しておくと、次のシーズンの際キレイな状態でマフラーを使うことができますよ!

 

②マフラーをクリーニングする際におすすめのオプション加工

防カビ・防虫加工

ウールやカシミヤ、シルクなどといった動物性繊維は主成分がタンパク質なので、虫食いが発生しがちです。

虫食いを防ぐためにも、クリーニングの際に防カビ・防虫加工を付けることで、長期保管中もきれいな状態で保管することができます。

市販の防虫剤だけで済ませる方も多いですが、クリーニングでは、生地に直接施すため、市販の防虫剤よりも長持ちしやすい特徴があります。

シーズンが明けてたとき、虫食いやカビによって、お気に入りのマフラーがダメにならないよう、保管前にオプションを付けるようにしましょう。

 

防臭・防菌加工

マフラーは、主に冬のシーズンに使うため、春〜秋までクローゼットで保管することが多くなります。

クローゼットは、湿気が溜まりやすいので、定期的に換気や掃除しないと、カビや色褪せ虫食いなどが起こってしまいます。

最悪な状態にならないように日頃から湿気対策をし、クリーニングの際には防臭・防菌加工を付けておきましょう。

さよ
湿気対策として、クローゼットの中に除湿剤を置いておきましょう!

 

マフラーは素材によって料金は変わる

マフラーは、素材や装飾品によって料金が変わってきます。

上質(デリケート)素材

ウール、カシミヤ、毛皮、シルク、カシミア

装飾品

ラメやビース、スタッズ、ラインストーン、スパンコール

上質素材や装飾品がついているマフラーは、通常のクリーニングより取扱いが難しくなるため、追加料金(1,000円ほど)が発生する場合があります。

さよ
リネットだと上質素材・装飾品の追加料金は、わずか220円ですよ!

注意ポイント

マフラーに付いているタグを邪魔になると切ってしまう方もいますが、クリーニングする際にタグを見て素材を確認するため、素材が分からなくなってしまいます。

素材が分からなくなってしまうとクリーニングする際に素材が分からず、受付してもらえない場合もあります。

なので、タグは絶対切らないようにしましょう。

 

マフラーをクリーニングに出した方がいい理由

マフラーは、素材によっては自宅で洗濯できるものもありますが、「縮んだ」「生地を傷めてしまった」など失敗してしまう場合もあります。

また、マフラーは、直接首に巻いて身に付けるため、口元に当たるので汚れやすいです。

そのため、マフラーはクリーニングに出した方が衛生的にも良いのです。

さよ
マフラーをクリーニングに出した方がいい理由を3つ紹介するよ

【理由その1】マフラーは思ってる以上に汚れている

皮脂やほこりで汚れてしまう

マフラーが活躍するのは冬ですが、寒い冬の季節でも、首元は意外と汗をかきやすいのです。

汚れが目立っていなくても、汗や皮脂が原因で汚れているのです。

また、通勤などで電車やバスを利用される方も多いと思いますが、人との接触が避けれないため菌がマフラーに付着している恐れもあります。

汚れをそのままにしておくのは、衛生面的にも良くないので、クリーニングに出しましょう。

 

化粧品で汚れてしまう

女性は、化粧をするためマフラーにファンデーションよ口紅などの化粧品が付いて汚れてしまいます。

冬はマスクをする方も多いですが、マスクをしていても隠せていない部分がマフラーに当たり汚れてしまいます。

 

食べ物や飲み物で汚れてしまう

飲食をする際、マフラーを首元に巻いたままの方も多いでしょう。

マフラーは、口元に1番近いためどうしても汚れやすいです。

食べ物のカスや飲み物のシミなど、そのまま放置しておくと、落ちにくくなるため、汚れてしまったら早めにクリーニングに出しましょう。

 

【理由その2】汚れたまま使うと肌荒れの原因になる

先ほども言ったように、マフラーは思った以上に汚れています。

汗や皮脂、化粧品やほこりなどで汚れたマフラーをそのまま使っていると、雑菌が繁殖しやすくなり、肌荒れを引き起こしてしまう恐れがあります。

寒い時は、マフラーを直接口元まで当てることもあるため、顔から下の部分(あごやフェイスライン)は肌荒れが起きやすく、ニキビが出来やすくなります。

肌トラブルは悪くなれば長期化するため、定期的にクリーニングに出すことによって清潔を保ち、肌荒れを防ぐことができます。

 

【理由その3】自宅洗濯だと失敗しやすい

デリケートな素材が多いマフラーは、自宅洗濯が可能な物もありますが、基本的に水を吸うと縮んでしまうため、意外と難しいです。

型崩れや縮み、色褪せなどお気に入りのマフラーがダメになってしまう場合があります。

また、自宅洗濯する際に正しい洗い方でなければ、キレイになるどころかマフラーよ寿命を縮めてしまう恐れがあります。

クリーニング代がもったいないと思う方もいますが、お気に入りのマフラーを少しでも長く使いたいのであれば、クリーニングに出すのがおすすめです。

 

マフラーのクリーニングに関するQ&A

マフラーをクリーニングに出すタイミング

マフラーは、直接肌に触れるため汚れやすいアイテムです。

クリーニングに出すタイミングは、着用頻度によって異なりますが、基本的にはシーズンが終わってから出すのがおすすめです。

汚れやシミが目立ってきた、ニオイが気になるといった場合は、その都度クリーニングに出すようにしましょう。

手編みのマフラーはクリーニングできる?

家族や恋人が編んでくれた手編みのマフラーも使っていけば汚れていきます。

手編みのマフラーは洗濯表示がないので、洗えるのか不安になる方もいらっしゃると思いますが、手洗いであれば洗濯可能です。

また、クリーニングに出したい方は、手編みのマフラーがクリーニング可能なのか事前に問い合わせるようにしましょう。

 

マフラーは自宅洗濯できない?

マフラーを自宅で洗濯したいと思う方もいるでしょう。

タグを確認して、ポリエステルやアクリルなどの人工素材であれば自宅洗濯でも大丈夫ですよ。

自宅洗濯不可のマフラー

  • アルパカやカシミヤなどの上質素材のもの
  • シルクや麻などの天然素材のもの
  • ドライクリーニング表示のもの
  • 刺繍などの特殊な柄が入っているもの

上記のマフラーのものは、自宅洗濯には向いていなので、必ずクリーニングに出すようにしましょう。

 

マフラーにファンデーションや口紅が付いてしまった時の対処法は?

私もよくやってしまいますが、女性はファンデーションや口紅がマフラーに付いてしまうことがありますよね。

そこで、もし汚れてしまった時の応急処置方法を紹介しますね!

  1. ファンデーションの粉を手ではたき落とす
  2. 汚れている部分に「ポイントメイク落とし」や「クレンジングオイル」を付けて浸透させる
  3. こすらず、ポンポンと叩くように優しく落とす

汚れがついてしまったら、その場ですぐ処置しましょう。(クレンジング落としを外出時は持っていない方も多いと思うので、その場合はメイク落としシートでも対応できますよ)

ファンデーションや口紅は、油性のため水では落ちません。必ずクレンジング落としで落としましょう。

汚れを落とすポイントは、できるだけこすらず、優しく叩くようにして落としましょう。

力強くこすってしまうと逆効果で、繊維の奥にどんどん入ってしまい落とすのが困難になってしまいます。

さよ
あくまで応急処置なので、汚れが落ちてもすぐにクリーニングに出すようにしてください。

 

ハイブランドのマフラーも通常のクリーニングに出していい?

ハイブランドのものを通常のクリーニングに出すことは、おすすめしません。

『お気に入りのマフラーを常にキレイな状態を保ちたい』、『買った時のような手触りをなくしたくない』という方は、ハイブランド専門の宅配クリーニングを利用しましょう。

おすすめの宅配クリーニングは、『キレイナ』がハイブランドの衣類でも丁寧な仕上がりで評判が良いですよ!

キレイナでクリーニングした場合

料金:2,750円

送料:片道1,100円

納期:1〜2週間ほど

さよ
宅配クリーニングの『キレイナ』がおすすめですよ!料金や納期は通常よりも高く、時間はかかりますが、仕上がりは別格です!

 

クリーニングの仕上がり日数はどのくらい?

パーカーのクリーニングにかかる日数は、店舗型と宅配型で異なります。

コース 納期
店舗型クリーニング 通常コース 当日~3日
デラックスコース 1週間~10日
宅配クリーニング 通常コース 翌日~1週間
デラックスコース 1週間~10日

店舗型の場合の仕上がりは、即日仕上げ~3日です。

宅配クリーニングであれば、早いところで最短翌日仕上げも可能ですが、通常であれば宅急便が持ち運びする日数がかかるので、およそ1週間ほどかかります。

リネットであれば、対象地域に限りますが翌日仕上げが可能です。通常であっても最短2日納期が可能です。

宅配クリーニングの納期について比較していますので、ぜひチェックしてみてください!

➤➤➤宅配クリーニングで翌日仕上がるところはどこ?納期を比較してみた!

 

マフラーのクリーニング後の保管はどうすればいいの?

クリーニング後は、そのまま置いておかず、下記の3つの点に注意して保管しましょう。

①必ずビニールを取って陰干しで乾燥させる

②クリーニング後の検品をする(汚れが落ちているか、直しがされているか)

③マフラーは畳まずに、くるくる巻いて保管する

④湿気・虫・ホコリなどを防ぎながら保管する(防虫剤を利用する)

ビニールを取らずに保管する人も多いですが、湿気が溜まりカビやニオイの原因になりますので、必ず取って保管しましょう。

知っておくと便利!

マフラーを畳んで保管しがちですが、「マフラーはくるくる巻いて保管しましょう!」

畳んでしまうと折シワの原因になってしまうので、せっかくのクリーニングが台無しになってしまいます。

マフラーを巻く時は、優しくふんわりと巻くことがポイントですよ(^^♪

 

〈まとめ〉マフラーのクリーニング料金

最後にもう一度「マフラーのクリーニング料金」についておさらいです。

マフラーのクリーニング料金相場

およそ400円~700円

さよ
クリーニングするなら、宅配クリーニングがおすすめですよ!外出不要・スマホから簡単にクリーニングを注文できます!

宅配クリーニングのデメリットは、納期に時間がかかってしまいますが、無料オプションも充実していておすすめです!

宅配クリーニングに興味がある方は、当サイトがおすすめしている利用者No.1の「リネット」を一度試して見てください!

➤➤➤リネットのお得なクーポン&割引キャンペーンからの利用はこちらから

 

あわせて読みたい記事

宅配クリーニングのサービスについて、他にも記事をまとめていますので興味があれば是非ご覧ください♪

 

一人暮らしにおすすめ宅配クリーニング

【単品制No.1】忙しい方におすすめ『リネット』

✅業界最速!最短2日でお届け(地域によっては即日可)

✅ワイシャツは290円~!1枚から出せるのが嬉しい

✅外出先のコンビニからクリーニングを出せる

リネットは、単品制の宅配クリーニングで少ない枚数からクリーニングが依頼できます。

業界の中でも会員数40万人と大人気の宅配クリーニングです。

利便性に優れており、かつ品質も文句なしの仕上がりです!!

『一人暮らしでクリーニングの時間がない!』『急いでクリーニングしたい!』『少ない枚数からクリーニングしたい!』という方におすすめのサービスです!

【パック制No.1】高品質な仕上がりを求めるなら『プロケア』

プロケア

✅高品質な仕上がりがクセになる

✅最大8ヶ月!衣類を無料で保管してくれる

✅小さな汚れや破損も見逃さない

プロケアは、高品質な仕上がりが有名な宅配クリーニングです。

肌に優しい天然ハーブ配合の石鹸を使用しているので、敏感肌の方にも優しいクリーニングとなっています。(※コース別)

納期は他社より少し遅めですか、丁寧な点検と衣類に合ったクリーニングを行ってくれるので、仕上がりは大満足間違いないです!

『納期よりも仕上がりを重視している方』『クローゼットをすっきりさせたい方』『安心して宅配クリーニングを利用したい方』におすすめのサービスです!

-種類別クリーニング

© 2022 Powered by AFFINGER5