種類別クリーニング

ポロシャツのクリーニング相場はいくら?最安値や注意点を詳しく解説!

初心者くん
お気に入りのポロシャツをクリーニングに出したいんだけど、クリーニングの相場っていくら?
お気に入りのポロシャツは長く綺麗な状態で着たいですよね!今回は、ポロシャツのクリーニング相場について徹底解説します!
さよ

この記事では、ポロシャツのクリーニングについて気になる「相場(料金・最安値)や注意点」について詳しく説明します!

確認事項

当記事は、2022年現在の最新情報をもとに掲載していますが、お店や時期によって料金など異なる場合があります。

 

ポロシャツのクリーニング料金の相場はいくらか

ポロシャツのクリーニング料金の相場を調査してみました。

ポロシャツのクリーニング料金の相場

およそ130円~400円

 

『店舗型クリーニング』『宅配クリーニング』の平均金額を比較しています。

ポロシャツのクリーニング料金の相場

店舗型クリーニング 514円
宅配クリーニング 534円
  • 店舗型クリーニングの料金は地域や店舗ごとに異なります。(上記金額は都内クリーニング店7社平均)
  • 宅配クリーニング(単品制)の料金については、初回割引・会員割引価格を掲載しています。
  • 税込金額での掲載です。

 

Tシャツのクリーニング料金を徹底比較

さよ
それぞれのクリーニング店の料金を詳しく見ていくよ!
店舗型クリーニングの料金
クリーニング専科 230円
ホワイト急便 440円
うさちゃんクリーニング 450円
ポニークリーニング 550円
スワロチェーン 605円
喜久屋 660円
白洋舎 660円

 

宅配クリーニング(単品制)の料金
リネット 457円
洗濯倉庫 462円
ネクシー 683円

 

宅配クリーニング(パックプラン制)10点パックの場合
美服パック 544円
フランス屋 630円
東京クリーニング 726円
せんたく便 768円
プロケア 1,054円
リコーベ 1,180円
リナビス 1,287円

 

ポロシャツのクリーニング料金の最安値はここだ!

ポロシャツのクリーニング料金の最安値を「店舗型クリーニング」と「宅配クリーニング」のそれぞれを比較しました。

店舗型クリーニング 「クリーニング専科」230円
宅配クリーニング(単品制) 「リネット」457円
宅配クリーニング(パック制) 「美服パック」544円

 

ポロシャツをクリーニングするなら「リネット」がおすすめ!

宅配クリーニングのメリットは『自宅にいながらクリーニングができる』ことです。

その中でも一番おすすめなのが、リネットです。

ポロシャツの料金 457円
デリケート素材・装飾品の追加料金 クリーニング代+それぞれ220円
送料 無料
初回割引 20%OFF
さよ
宅配クリーニングだと無料オプションも付いていておすすめですよ!

利用者No.1の「リネット」は、単品制の宅配クリーニングの中でも安く、送料無料でポロシャツ1枚から簡単に利用することができます。

まだ宅配クリーニングを利用したことがない方にもおすすめですよ!

\翌日衣類が届く!忙しい方におすすめ/

「リネット公式サイト」はこちら

【今だけ!】初回20%OFF+1年間送料無料クーポンでの利用が可能♪

 

ポロシャツをクリーニングする際に気をつけたいポイント

ポロシャツをクリーニングに出す際、気をつけたいポイントを3つ紹介します。

①ポロシャツをクリーニングに出す頻度

ポロシャツをクリーニングに出す頻度は、一度着たらその都度クリーニングに出すのが最適です。

とくに、ポロシャツは春夏に着ることが多いので、汗の臭いや汗ジミなど付着しやすいので、なるべく早くクリーニングに出すことをおすすめします。

また、宅配クリーニングでは、汗ジミのシミ抜きを無料で行ってくれるところも多いので、月に1回程度はシミ抜きをオプションで付けるすると長く着ることができます。

さよ
頻繁に洗濯とアイロンを繰り返すと傷んでよれやすくなります。長持ちさせるためにも、定期的にクリーニングに出すようにしましょう!

 

②ポロシャツをクリーニングする際におすすめのオプション加工

ポロシャツは、汗の臭いや汗ジミが付着しやすいので、「汗ぬき加工」のオプションを付けるのをおすすめします。

ポイント

通常:ワンシーズンに1回
汗をかきやすい夏の時期:2週間に1回程度

さよ
汗抜き加工の頻度が高すぎると、洋服の型崩れ・色抜けの原因となる場合があるので注意しましょう。

汗抜き加工には、以下の4つの効果があります。

  • 汗のにおいや汗染みが無くなる
  • 黄ばみや悪臭が予防できる
  • カビや虫食いも予防する
  • 適切な頻度で服が長持ちする

汗ぬき加工には、「ウェットクリーニング(水を使う方法)」「ドライクリーニング+水洗い」の2種類があります。

 

・ウェットクリーニング(水を使う方法)

クリーニングでは水を使わないドライクリーニングが一般的ですが、ウェットクリーニングでは水を使います。

ウェットクリーニング(水洗い)は、ライクリーニング(通常のクリーニング)では落としきれない水溶性の汚れにアプローチしてくれます。

○メリット

  • 水洗い不可の洋服でも対応できる
  • ドライクリーニングでは落としきれない汚れも落とせる
  • ドライクリーニングよりも仕上がり、洗い上がりがさっぱりしている
  • 洗浄効果が高い

✖デメリット

  • 通常のクリーニングよりも料金が高い
  • 仕上がりに時間がかかる
  • クリーニング店ごとに技術・仕上がりの差が出てしまう

 

・ドライクリーニング+水洗い

ドライクリーニング+水洗い効果のクリーニング方法は、水は使用せず特別な溶液を用いることで水洗いと同様の効果のクリーニングを行うことができます。

○メリット

  • ウェットクリーニングよりも料金が安い
  • 洋服の型崩れや縮み、色あせ、風合いの変化や毛羽立ちなどのリスクが少ない

✖デメリット

  • 水溶性の汚れに対して弱い
  • 専用洗剤を使用しても完全に汚れを落とすことは難しい

ウェットクリーニングの方が料金は高いですが、汗が染み込んだポロシャツでも、汗汚れをスッキリ綺麗に落としてくれるので、汗の臭いや汗ジミが気になる方は、ウェットクリーニングがおすすめですよ♪

 

③ポロシャツの追加料金に気をつける

ポロシャツをクリーニングに出す際は、ポロシャツの一部にプリントシールやワッペンなどの付属品に注意しましょう。

クリーニングが終わった際に、プリントシールやワッペンが剥がれていたり、破損した状態で返ってくる場合があります。

また、剥がれやすい、傷つきやすい素材のクリーニングは手間や時間がかかるという理由で追加料金が発生することもあります。

 

ポロシャツクリーニングに関するQ&A

ポロシャツはクリーニングするべき?

ポロシャツすべてをクリーニングに出す必要はなく、下記に該当する場合は、クリーニングを利用することをおすすめします。

ポイント

  • デリケート素材
  • お気に入りのポロシャツ
  • 洗濯表示で「水洗い不可」のため、自宅で洗えない
  • 制服などでレンタルしている

自宅で洗濯を繰り返すと、襟や袖は次第によれてくるので、毎回ではなく、気になった時にクリーニングに出すのでも大丈夫ですよ。

 

ハイブランドのポロシャツも通常のクリーニングでいいの?

ハイブランドなどの高価なポロシャツは、通常のクリーニングだと、型崩れ、風合いや着心地のよさが損なわれてしまう可能性があります。

また、プリントシールやワッペンなどの付属品も破損などの恐れがあります。

デラックスコースは、1点1点丁寧に仕上げてもらえるので、通常のクリーニングよりもおすすめです。

通常のクリーニングに出てた失敗したという事例もあるので、必ず高価なポロシャツをクリーニングしたい場合は、デラックスコースなどのワンランク上のクリーニングに出しましょう。

さよ
料金は高くなるけど、仕上がりは断然デラックスコースの方がおすすめですよ!

 

ポロシャツクリーニングの仕上がり日数はどのくらい?

ポロシャツのクリーニングにかかる日数は、店舗型と宅配型で異なります。

コース 納期
店舗型クリーニング 通常コース 当日~3日
デラックスコース 1週間~10日
宅配クリーニング 通常コース 翌日~1週間
デラックスコース 1週間~10日

店舗型の場合の仕上がりは、即日仕上げ~3日です。

宅配クリーニングであれば、早いところで最短翌日仕上げも可能ですが、通常であれば宅急便が持ち運びする日数がかかるので、およそ1週間ほどかかります。

リネットであれば、対象地域に限りますが翌日仕上げが可能です。通常であっても最短2日納期が可能です。

宅配クリーニングの納期について比較していますので、ぜひチェックしてみてください!

➤➤➤宅配クリーニングで翌日仕上がるところはどこ?納期を比較してみた!

 

ポロシャツのクリーニング後の保管はどうすればいいの?

クリーニング後は、そのまま置いておかず、下記の3つの点に注意して保管しましょう。

①必ずビニールを取って陰干しで乾燥させる

②クリーニング後の検品をする(汚れが落ちているか、直しがされているか)

③湿気・虫・ホコリなどを防ぎながら保管する(不織布カバーや防虫剤を利用する)

ビニールを取らずに保管する人も多いですが、湿気が溜まりカビやニオイの原因になりますので、必ず取って保管しましょう。

 

〈まとめ〉ポロシャツのクリーニング料金の相場

 

さよ
最後にもう一度「ポロシャツのクリーニング料金の相場」についておさらいだよ!

ポロシャツのクリーニング料金の相場

およそ130円~400円

宅配クリーニングはとても便利なサービスで、利用者も増えています。

無料オプションも充実しており、割引やクーポンなどを使って、お得に安く利用できるのが人気の秘訣です。

しかし、宅配クリーニングの一つだけデメリットなのが、納期に時間がかかってしまうところです。

急ぎのクリーニングは近所のクリーニング店に出すのがいいですが、それ以外の時は宅配クリーニングで利用する方がメリットもたくさんありますよ♪

宅配クリーニングに興味がある、利用してみたいという方は、当サイトがおすすめしている利用者No.1の「リネット」を一度試して見てください!

➤➤➤リネットのお得なクーポン&割引キャンペーンからの利用はこちらから

 

あわせて読みたい記事

宅配クリーニングのサービスについて、他にも記事をまとめていますので興味があれば是非ご覧ください♪

 

一人暮らしにおすすめ宅配クリーニング

【単品制No.1】忙しい方におすすめ『リネット』

✅業界最速!最短2日でお届け(地域によっては即日可)

✅ワイシャツは290円~!1枚から出せるのが嬉しい

✅外出先のコンビニからクリーニングを出せる

リネットは、単品制の宅配クリーニングで少ない枚数からクリーニングが依頼できます。

業界の中でも会員数40万人と大人気の宅配クリーニングです。

利便性に優れており、かつ品質も文句なしの仕上がりです!!

『一人暮らしでクリーニングの時間がない!』『急いでクリーニングしたい!』『少ない枚数からクリーニングしたい!』という方におすすめのサービスです!

【パック制No.1】高品質な仕上がりを求めるなら『プロケア』

プロケア

✅高品質な仕上がりがクセになる

✅最大8ヶ月!衣類を無料で保管してくれる

✅小さな汚れや破損も見逃さない

プロケアは、高品質な仕上がりが有名な宅配クリーニングです。

肌に優しい天然ハーブ配合の石鹸を使用しているので、敏感肌の方にも優しいクリーニングとなっています。(※コース別)

納期は他社より少し遅めですか、丁寧な点検と衣類に合ったクリーニングを行ってくれるので、仕上がりは大満足間違いないです!

『納期よりも仕上がりを重視している方』『クローゼットをすっきりさせたい方』『安心して宅配クリーニングを利用したい方』におすすめのサービスです!

-種類別クリーニング

© 2022 Powered by AFFINGER5