種類別クリーニング

スカートのクリーニング 料金はいくら?相場や注意点まで詳しく徹底解説

女性なら誰しもがスカートの洗濯やクリーニングで悩んだことがあるでしょう。

スカートは様々な種類があるため、一律の料金ではなく、それぞれ種類によって異なります。

この記事では、スカートのクリーニングについて気になる「料金(相場、最安値)や注意点、オプション加工」について分かりやすく丁寧に説明しています!

確認事項

当記事は、2022年現在の最新情報をもとに掲載していますが、お店や時期によって料金など異なる場合があります。

 

スカートのクリーニング料金はいくら?

スカートのクリーニング料金を「店舗型クリーニング」と「宅配クリーニング」それぞれ調査してみました。

店舗型クリーニングの料金
ホワイト急便 490円
ポニークリーニング 550円
スワロチェーン 550円
クリーニング専科 630円
喜久屋 660円

 

宅配クリーニング(単品制)の料金
リネット 508円
洗濯倉庫 605円
ネクシー 683円

 

宅配クリーニング(パックプラン制)10点パックの場合
美服パック 544円
フランス屋 630円
東京クリーニング 726円
せんたく便 768円
プロケア 1,054円
リコーベ 1,180円
リナビス 1,287円

スカートのクリーニング料金相場

スカートのクリーニング料金相場

約500円~750円

『店舗型クリーニング』『宅配クリーニング』の平均金額を比較しています。

スカートのクリーニング料金相場

店舗型クリーニング 576円
宅配クリーニング 598円
  • 店舗型クリーニングの料金は地域や店舗ごとに異なります。(上記金額は都内クリーニング店5社平均)
  • 宅配クリーニング(単品制)の料金については、初回割引・会員割引価格を掲載しています。
  • 税込金額での掲載です。

スカートのクリーニング料金の最安値はここだ!

スカートのクリーニング料金の最安値を「店舗型クリーニング」と「宅配クリーニング」のそれぞれを比較しました。

店舗型クリーニング 「ホワイト急便」490円
宅配クリーニング(単品制) 「リネット」508円
宅配クリーニング(パック制) 「美服パック」544円

 

スカートをクリーニングに出す前に知っておいてほしい4つの注意点

【その1】スカートのデザインや丈によって料金が変わる

クリーニングに出す場合、スカートは種類や素材によって細かく分けられ料金が決定します。

スカート料金と思って出したら、料金が高かくなったという事例もありますので、きちんとおさえておきましょう。

ポイントは2つ。

  1. 丈の種類
  2. デザインの種類

一つ注意してもらいたいのが、お店によってスカートの定義は異なります。あくまでも参考に見ていただけたらと思います。

スカートの定義が分かりやすく掲載されているリネットの公式HPを紹介しますね。

スカートの種類

【スカートの定義】

プリーツが片面3本以内、表面が平坦に近い形状のスカート、ロングスカートが該当します。

下記のいずれかに当てはまるものは「プリーツ/フレアスカート」扱いとなりますのでご注意ください。
-片面に4本以上のプリーツがあるスカート
-裾がフレアになっているスカート

 

スカートの丈の種類

  • ミニ丈
  • ひざ丈
  • ミディ丈
  • ミモレ丈
  • ロング丈
  • マキシ丈

多くのお店では、ロング丈とマキシ丈はロングスカートとして区別します。

まずは、持っているスカートの丈をチェックして、クリーニング先が丈を細かく区分しているか確認しましょう。

そこまで区分していなければ、あとはスカートの種類で料金比較してクリーニングに出すことをおすすめします。

 

スカートの種類

  • タイトスカート
  • フレアスカート
  • プリーツスカート
  • デザインスカー

クリーニング店で「スカート」として扱われるのは「タイトスカート」です。それ以外のスカートは料金が変わります。

フレアスカートとプリーツスカートは同じモノとして扱われることが多いですね。ただし、ヒダの本数で値段が変わるお店もあります。

例:白洋舎

1~4本 600円
4~30本 1,155円
総プリーツ 2,805円

見て分かるように、プリーツが4本以上になると約2倍ほど高くなります。

また、お店によってはヒダの本数が増えるとワンランク上のコースでしかクリーニングできない場合があるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

【その2】上質(デリケート)素材が使われているか

上質な素材(デリケート素材)が使われていると、クリーニングの際に追加料金が発生します。

クリーニングする前に素材は何かを確認し、分からない点はクリーニング店に確認しましょう。

上質(デリケート)素材

カシミヤ、アンゴラ、モヘア、シルク(絹)、麻、合皮、ベロア、アルパカなど

お店だと上質素材が1%でも含まれていれば追加料金が発生しますが、宅配クリーニングは30%からなので、宅配クリーニングの方が優しいですね。

 

【その3】装飾品がついているか

ワッペンや刺繍、装飾品がついている場合は、追加料金や破損に気を付けましょう。

装飾品

スタッズやラメ、ビジュー、ビーズ、スパンコール、レース、フリル、プリーツワッペン、刺繍など

剥がれやすかったり、傷つきやすい物は、クリーニングに手間がかかってしまうので追加料金が発生する場合があります。

さよ
装飾品の数によっても金額は変わるので注意が必要です。

プリーツは要注意!

プリーツは永続的なものではないため、手洗いやクリーニングをしてしまうとプリーツが取れてしまうことがあります。

プリーツが取れてしまった場合、復活させるのは難しいため、プリーツのクリーニングはトラブルが多いです。

もしプリーツのスカートをクリーニングする場合は、事前にクリーニング店に”プリーツのクリーニングについて”問い合わせてみるのもいいでしょう。

【その4】付属品がついているか

取り外し可能な付属品が付いている場合は、本体とは別にクリーニングを行うため、スカートとは別に1点としてカウントされます。

  • ペチコート(スカートやワンピースの下に履くスカート形の下着のこと)
  • ファー
  • ベルト

また、スカートのベルト部分など、革素材が使われている場合も注意が必要です。

革製品がついているとクリーニングも別対応になってしまう恐れがあるため、追加料金が発生します。

さよ
本革になるとさらに特殊なクリーニング対応となり、取り扱いできないクリーニング店もあるので注意しましょう!

 

スカートをクリーニングするなら「リネット」がおすすめ!

宅配クリーニングのメリットは『自宅にいながらクリーニングができる』ことです。

その中でも一番おすすめなのが「リネット」です。

スカートの料金 726円
デリケート素材・装飾品の追加料金 クリーニング代+それぞれ220円
送料 無料
初回割引 30%OFF

リネットは、1枚からクリーニングができ、無料オプションも豊富で、納期も早く仕上がりも最高です!

また、スカートをクリーニングに出す前の注意点を紹介しましたが、追加料金についても「リネット」は安く済ませることができます。

さよ
これはもうリネットを試すしかないね!

\翌日衣類が届く!忙しい方におすすめ/

「リネット公式サイト」はこちら

【今だけ!】初回30%OFF+1年間送料無料クーポンでの利用が可能♪

 

スカートをクリーニングに出す頻度

着用時間にもよりますが、スカートを出す頻度は、3~5回を目安にクリーニングに出しましょう。

着用する頻度が少ない場合でも、肉眼では見えづらい汚れやほこり、汗、皮脂が付いている恐れがあるので、必ず1シーズンに1回はクリーニングに出しましょう。

※あまり頻繁に洗うと生地が傷んでしまったり、プリーツスカートの場合は、プリーツが弱くなったりするので気をつけましょう。

 

スカートをクリーニングする際におすすめのオプション加工

撥水加工

裾が汚れやすいロングスカートに撥水加工を施すと、雨や泥ハネ、汚れを防ぐことができます。

撥水加工は、汚れが染み込みにくくなったり、シミ抜きが不要になったりと、生地へのダメージり防ぎ、衣類を長持ちさせることができます。

静電気防止加工

フレアスカートや薄い素材のスカート、また冬などはスカートとタイツがこすれて摩擦が生じるので、静電気が起こりやすいです。

スカートの静電気に悩んでいる方は、クリーニングの際に静電気防止加工を付けましょう。

静電気防止加工は、特殊な樹脂の皮膜で包むので、油や水を弾いてくれます。

そのため、ほこりや汚れも付きにくくなり、シミ、花粉などを防ぐ効果もあります。

シロセット加工(形状記憶加工)

ウール素材のプリーツスカートにおすすめなのが、シロセット加工(形状記憶加工)です。

プリーツスカートの折り目は永久的ではありません。丁寧に履いていても、年数が経つと取れやすくなります。

ウール素材は、水に濡れるとプリーツが取れやすくなってしまいますが、シロセット加工にすることで長持ちします。

 

スカートのクリーニングに関するQ&A

 

そもそもスカートはクリーニングすべき?

持っているすべてのスカートをクリーニングに出す必要はありません。

クリーニングに出す物の目安

  • デリケート素材
  • 洗濯表示で水洗い不可
  • お気に入りのもの
  • ブランドもの

デリケート素材や洗濯表示で✕になっていなければ、基本的に自宅で洗濯はできます。

しかし、自宅で洗濯してしまうとシワになってしまう場合があるので、”これどうかな・・・”と迷った際は、クリーニングに出した方が綺麗に仕上がりますよ!

 

制服(学生服)のスカートだとクリーニング料金は変わる?

制服(学生服)のスカートは、クリーニング需要も高いため、スカートとは別で学生服として分けられます。

制服は総プリーツに該当するのが多いですが、学生服として区分されるため、比較的スカート料金と大差なくクリーニングすることができます。

クリーニング店 スカート料金 制服スカート料金
ホワイト急便 490円 220円
クリーニング専科 630円 630円
ポニークリーニング 550円 495円
スワロチェーン 550円 715円
喜久屋 660円
リネット 726円 737円
ネクシー 759円 869円
洗濯倉庫 726円 891円

 

 礼服のスカートだとクリーニング料金は変わる?

礼服のスカートは、礼服と区分されるため、クリーニング店によっては金額が高くなることがあります。

礼服が高い理由

礼服はスーツに比べて黒色が濃く深いため、アイロンをあてるとテカリが出やすくなります。

スーツは機械プレスでアイロンを行いますが、礼服は1着ずつ丁寧に機械ではなく、人の手によって光沢ができないようにしています。

礼服は他衣類と違って、相当な手間がかかるため、料金が高くなってしまうのです。

礼服のスカートとワンピースでも料金が異なるので注意が必要です。

クリーニング店 礼服スカート料金 礼服ワンピース料金
ホワイト急便 770円 1,300円
クリーニング専科 880円 1,200円
ポニークリーニング 715円 1,320円
スワロチェーン 908円 1,782円
喜久屋
リネット 726円 1,353円
ネクシー 1,485円
洗濯倉庫 1,122円 2,849円
さよ
「リネット」は、スカート料金と礼服スカートの料金は同じですよ!

 

プリーツをクリーニングするときに知っておいた方がいいことは?

クリーニングする前に知っておくとトラブルを防ぐことができるので、プリーツの性質を知っておいてください!

知っておくべきプリーツの性質

①プリーツは熱に弱い

②加工は永久ではない(着用や洗うことで徐々に剥がれていく)

③経時劣化がある(約3年経つと劣化が始まる)

プリーツは、熱に弱いので、乾燥機などの熱でプリーツが取れやすくなります。

そのため、乾燥に時間が相当かかるので、一般的なスカートに比べて、仕上がりに1週間ほどかかる場合があります。

※早くしあげたいからと即日クリーニングは絶対にやめましょう。トラブルになる可能性が高いです。

さよ
プリーツの折り目は永久的ではないため、時間が経つと取れてしまうこと理解しておきましょう。

プリーツ加工の仕上がりについて、リネットの公式HPに記載がありましたので、紹介しておきますね。

【プリーツ加工やシワ加工が施されたスカートの仕上げについて】

プリーツ加工やシワ加工が施されたスカートにつきましては、永久的に効果が継続する加工ではなく、着用や保管状況、洗濯の繰り返しにより加工がとれてまいります。

加工の寿命は、着用頻度や保管状況により異なりますが、化学繊維が主に含まれている場合は長持ちする傾向にあり、綿・ウール・シルク等の場合は、とれやすい傾向にあります。

また、加工時の状況により1回のクリーニングでも加工が取れてしまう場合がございます。

商品特性上、プリーツ加工やシワ加工の復元は対応が難しく、プリーツ加工部分やシワ加工部分のアイロンでの仕上げは行っておりません。

リネット公式HPより引用

 

安さ重視でハイブランドのスカートもクリーニングして大丈夫?

少しお高めのスカートやブランド物のスカートは、通常のクリーニングに出すのはやめたほうがいいでしょう。

安さ重視で出したがために、追加料金が発生したり、仕上がりに不満が出たりとトラブルが起きてしまいます。

ハイブランド品やオーダーメイド品、特殊加工がされているクリーニングの場合は、通常のクリーニングの2〜3倍程度上がります。

「失敗しくない」、「買った当初の状態に近づけたい」という方は、イブランドに特化した宅配クリーニングを利用しましょう。

ハイブランドに特化したクリーニングだと、宅配クリーニングの『キレイナ』がおすすめですよ!

料金はやはり高いです。

しかし、キレイナでは他で断られた衣類の対応も可能ですし、女性職人が多いこでより丁寧にクリーニングしてくれます。

お気に入りのスカートやハイブランドのスカートのクリーニングを検討されている方は、ぜひ『キレイナ』を試してみてください♪

クリーニングの仕上がり日数はどのくらい?

セーターのクリーニングにかかる日数は、店舗型と宅配型で異なります。

コース 納期
店舗型クリーニング 通常コース 当日~3日
デラックスコース 1週間~10日
宅配クリーニング 通常コース 翌日~1週間
デラックスコース 1週間~10日

店舗型の場合の仕上がりは、即日仕上げ~3日です。

宅配クリーニングであれば、早いところで最短翌日仕上げも可能ですが、通常であれば宅急便が持ち運びする日数がかかるので、およそ1週間ほどかかります。

デリケート素材や装飾品、加工などのオプションを施す場合は、さらに日数がかかる恐れがあります。

リネットであれば、対象地域に限りますが翌日仕上げが可能です。通常であっても最短2日納期が可能です。

宅配クリーニングの納期について比較していますので、ぜひチェックしてみてください!

➤➤➤宅配クリーニングで翌日仕上がるところはどこ?納期を比較してみた!

 

スカートのクリーニング後の保管はどうすればいいの?

クリーニング後は、そのまま置いておかず、下記の3つの点に注意して保管しましょう。

①必ずビニールを取って陰干しで乾燥させる

②クリーニング後の検品をする(汚れが落ちているか、直しがされているか)

③湿気・虫・ホコリなどを防ぎながら保管する(不織布カバーや防虫剤を利用する)

ビニールを取らずに保管する人も多いですが、湿気が溜まりカビやニオイの原因になりますので、必ず取って保管しましょう。

また、収納の際はスカートを畳んだままにするとたたみジワができるので、スカートに合ったハンガーに変えて吊るして保管しましょう。

さよ
クリーニングは受け取って終わりではなく、衣類の確認、保管まできちんと行い、大切な衣類を守りましょう。

 

〈まとめ〉スカートのクリーニング料金

 

最後にもう一度「スカートのクリーニング料金」についておさらいです。

スカートのクリーニング料金相場

約500円~750円

さよ
クリーニングするなら、宅配クリーニングがおすすめですよ!外出不要・スマホから簡単にクリーニングを注文できます!

宅配クリーニングのデメリットは、納期に時間がかかってしまいますが、無料オプションも充実していておすすめです!

宅配クリーニングに興味がある方は、当サイトがおすすめしている利用者No.1の「リネット」を一度試して見てください!

➤➤➤リネットのお得なクーポン&割引キャンペーンからの利用はこちらから

 

あわせて読みたい記事

宅配クリーニングのサービスについて、他にも記事をまとめていますので興味があれば是非ご覧ください♪

 

-種類別クリーニング

© 2022 Powered by AFFINGER5